学校・団体向け農林漁家泊・体験ポータルサイト

4省共催「平成29年度子ども農山漁村交流プロジェクト研修」参加者募集中(7/26~28)

2017.05.18
~受講者同士で農泊による学校教育旅行の事例等からの課題の解決策を探ります~

 
 子どもの農山漁村交流は、子どもたちの学ぶ意欲や自立心を育むとともに、受入側の地域活性化につながります。ふるさと生活体験活動に取り組むためには、児童・生徒を送り出す学校側と農山漁村側とが実施前から実施中・実施後まで、協働で取り組むことが欠かせません。
 この研修では、次のような項目について、学校側と受入側が一緒に学びます。

 この研修では、次の項目について、学校側と受入側が一緒に学ぶます。
○ 本事業の社会的意義(学校側、受入側)を学ぶ。 
○ 教育効果を高める方法や先進的な事例を理解する。
○ 受入側の体制や安全管理対策など、学校側の気になる点の解消をめざす。
○ 学校側・受入側の事例紹介や受講者同士の意見交換を通じて相互理解を深める。

 特に、本年度は、受入先進地に出向き、体験活動の内容や農家民泊の様子等を把握する実地研修を行います。本研修は、総務省・文部科学省・農林水産省・環境省との共催により実施します。
 子ども農山漁村交流プロジェクトに携わる方が一堂に会する唯一の研修です。皆様のご参加をお待ちしております!

【開催日時】
平成29年7月26日(水)13時~28日(金)13時(2泊3日)
【開催会場・宿泊場所】
全国市町村国際文化研修所
・住所:滋賀県大津市唐崎2-13-1
・アクセス:JR京都駅より湖西線約15分 JR唐崎駅下車徒歩3分
【対  象】
市区町村・都道府県職員、市区町村・都道府県教育委員会職員、学校教職員、市区町村・都道府県が推薦する受入地域協議会、NPO、PTA関係者等の皆様
【参 加 費】11,290円
(研修、宿泊、食事(朝食2回、昼食3回、夕食2回)、実地研修、資料等の費用です。)
【共  催】総務省、文部科学省、農林水産省、環境省
【定  員】40名
【お問い合わせ】全国市町村国際文化研修所(JIAM)教務部
TEL:077-578-5932 FAX:077-578-5906 E-mail:kenshu@jiam.jp
【受講申込サイト】
https://www.jiam.jp/workshop/detail.html?t=17464