平成31年度森林・山村多面的機能発揮対策交付金の申請希望の受付(締切:平成31年1月17日必着)(東京都・埼玉県・神奈川県)

まちむら交流きこう
 

この記事は、東京都、埼玉県及び神奈川県の里山林を整備・利用する住民組織やボランティア組織等を対象としています。それ以外の道府県で実施する活動については、それぞれの道府県を担当する地域協議会にお問い合わせください。地域協議会の連絡先は、林野庁のホームページ(http://www.rinya.maff.go.jp/j/sanson/tamenteki.html)でご確認いただけます。

申請見込額を事務局へご報告下さい(期限:平成31年1月17日必着)

○様式をダウンロードして、黄色のセルに必要事項を入力し、メールまたはファックスで平成31年1月17日(必着)までに事務局へご報告下さい。
 報告の様式[WORD]
 報告の記載例[PDF]

○正式な申請書の受付は、平成31年4月上旬以降を予定しています。

○今回ご報告いただく金額は、当機構が林野庁に要望する来年度予算額に反映します。今回の報告が無くても交付金を申請できますが、報告が無いと林野庁から割り当てられる予算額が減ってしまい、「狭き門」となってしまいます。ぜひご報告をお願いいたします。

平成31年度森林・山村多面的機能発揮対策交付金の内容


○平成30年度からの変更点
 ・「教育・研修活動タイプ」の廃止。
○平成30年度の交付金の内容(申請書様式等を含む)は、こちらをご覧ください。

今後のスケジュールの見込み

○申請見込額を事務局へ報告する(提出期限:平成31年1月17日必着)。
 次の様式の黄色のセルに必要事項を記入して、メールまたはファックスで事務局へご報告下さい(平成31年1月17日必着)。
 報告の様式[WORD]
 報告の記載例[PDF]

○事務局から林野庁に要望額を報告する。(1月17日)
○林野庁から事務局に対し、予算額が内示される(内々示は3月上旬、内示は4月上旬の見込み)
○林野庁の実施要領等が改正される(4月上旬見込み)
○募集期間(4月上旬~5月中旬の見込み)
○審査(5月中旬~6月中旬の見込み)
○採択(7月下旬の見込み)
 ・採択日以降の活動が対象となります。
 ・採択決定前着手届をご提出いただくことにより審査終了日以降から活動を開始できます。審査終了日が多少遅くなる可能性があるので、活動開始は7月1日以降とお考え下さい。
○概算払い(前払い)(8月と11月の2回の見込み)
○活動実施(採択日~平成32年2月末日まで)
○実施状況報告(平成32年2月末日まで)
○精算払い(平成32年3月末日まで)

お問い合わせ先はこちら

(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)
業務第2部
コミュニティービジネスチーム
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階

TEL:
03-4335-1985
FAX:
03-5256-5211

各種お問い合わせはこちらから

(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)東京都知事登録旅行業第2-5925号
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階

お電話
03-4335-1981(平日9:30~17:45)
土曜・日曜・祝祭日・年末年始・お盆を除く
FAX
03-5256-5211
メール