平成24年度 第10回農山漁村コミュニティビジネスセミナー
~地域資源活用編2~ ※セミナーは終了しました。


「鳥獣被害対策と獣肉を活用した地域づくり」

鳥獣被害対策の事例とそれに付随する料理素材として鹿肉をとらえる
(細部が見えにくいとのご意見を踏まえ、画像ではなく直接見ていただけるよう計画しています)

 農山漁村コミュニティ・ビジネスセミナーは、地域活性化の新たな切り口への「気づき」を発見するために、まちむら交流きこうが提案する新次元のセミナーです。
 既に多くの地域で農産物直売所や農家レストラン、体験民宿等が地域活性化の中核施設となりつつある中で、今後は各施設の機能を高めることと同時に、相互の連携による活動成果の面的な広がりが求められます。
 この面的な広がりを「ビジネスの視点からマネージメントする組織」が、これからの地域活性化を担うものと思われ、このような組織を「立ち上げ」「育成し」「自立させる」ことにより、地域固有の課題に対応しようとする新しい地域づくりへの取り組み活動や今後の支援方策等について解説します。
 今回のセミナーは、昨年末に開催された地域資源活用編の続きとして、滋賀県で鳥獣害対策をはじめ、獣肉を活用した料理レシピづくり、獣肉を使った商品開発などに取り組まれている松井賢一さんを講師にお招きし、「獣肉を活用した地域づくり」と6次産業化の関係についてお話いただきます。



第3講の「素材としての獣肉」~地域資源として流通させるまで~では      ① 鹿肉の処理と調理の実演    ② 地域資源として扱われるまで   について、実際の鹿(解凍)をつかい、処理場の要点を説明しなら モモやロース等の部位の切り分けを行い、その場で各部位ごとの調理メニューを作成し参加者に提供する予定です。


当日のプログラム


14:30~14:40
  主催者挨拶 まちむら交流きこう 専務理事 齋 藤 章 一

14:40~15:00
1.「動き出す食と農のソーシャルアプリ」
   まちむら交流きこう 広報情報チーム 

15:00~15:30
2.「鳥獣被害の現状と対策」
      
  ①鳥獣被害の実態
  ②国の対策
  ③滋賀県の対策と効果

  講師:滋賀県湖北農業農村振興事務所農産普及課
     (フードコーディネーター・ジュニア野菜ソムリエ)
     松 井 賢 一 氏

15:30~15:40
   休 憩

15:40~17:40
3.「素材としての獣肉」
   ~地域資源として流通させるまで~
  
  ① 鹿肉の処理と調理の実演 
  ② 地域資源として扱われるまで

  講師:滋賀県湖北農業農村振興事務所農産普及課
     (フードコーディネーター・ジュニア野菜ソムリエ)
     松 井 賢 一 氏

17:40~17:50
   休 憩

17:50~18:40
4.【試食・意見交換】
      参加者による質疑応答・意見交換
  
(注:プログラムの詳細につきましては現在検討中の内容が含まれております)


開催概要

開催日時・会場

日 時: 平成24年9月3日(月)  14:00~18:40(予定)
会 場: 3331 Arts Chiyoda
     東京都千代田区外神田6丁目11-14
電話番号:03-6803-2441
ホームページ: http://www.3331.jp/

    東京メトロ銀座線末広町駅4番出口より徒歩1分
    東京メトロ千代田線湯島駅6番出口より徒歩3分
    都営大江戸線上野御徒町駅A1番出口より徒歩6分
    JR御徒町駅南口より徒歩7分
    JR秋葉原駅電気街口より徒歩8分

参加費: 5,000円(一人当たり)

【お問い合わせ】
(財)都市農山漁村交流活性化機構 広報情報チーム 佐藤・山浦
〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町45 神田金子ビル5階
TEL O3-4335-1982 FAX O3-5256-5211



3331 Arts Chiyoda 地図