学校・団体向け農林漁家泊・体験ポータルサイト

愛称「ふるさと子ども夢学校」について

2010.01.19

愛称は「ふるさと子ども夢学校」


 子ども農山漁村交流プロジェクトの愛称につきましては、平成20年4月28日から5月9日までの応募期間に、全国から1,356件のご応募を頂きました。多数のご応募にご協力いただき、誠にありがとうございました。

 ご応募いただいたすべての愛称案について、全国推進協議会による厳正なる審査の結果「ふるさと子ども夢学校」(ふるさとこどもゆめがっこう)に決定し、平成20年5月19日に東京で開催した「子ども農山漁村交流プロジェクト発足記念シンポジウム」において発表しました。

 ●命名者:加賀谷辰夫さん(富山県小矢部市)


ふるさと子ども夢学校のロゴマーク


 子ども農山漁村交流プロジェクト(愛称:ふるさと子ども夢学校)の推進を担う行政、受入地域協議会、NPO、企業・団体などが行なう提携イベントなどでは、このロゴマークを使用することができます。
 このロゴマークにより、多くの児童に農山漁村でのふるさと生活体験に参加できる機会をつくっていただくことをねらいとしています。

※ロゴマークを使用する際は、(一財)都市農山漁村交流活性化機構(まちむら交流きこう)までご連絡下さい。


子ども農山漁村交流プロジェクト『キックオフ宣言』

平成20年5月19日に東京で開催した「子ども農山漁村交流プロジェクト発足記念シンポジウム」において、キックオフ宣言が子ども農山漁村交流プロジェクト全国推進協議会委員の北海道・長沼町長 板谷利雄氏より披露されました。