フランスの教育ファームに学ぶ
〜その理念と活動〜

2008.10.

著:大島順子 井上和衛
編集: (財)都市農山漁村交流活性化機構

【まちむら交流きこう】2008.10発行/定価 ¥2,000(税込み・送料別)
A4判140ページ


  教育を目的として大人から子どもまで様々な人を受け入れ、農業や環境問題に親しませるための授業を行う農場を意味する『フランスの教育ファーム』。

 ヨーロッパの中でも最もグリーン・ツーリズムが発展した伝統的な農業国『フランス』における教育ファームのこれまでの歩みと現状を豊富な事例をもとに明らかにする。

そこからわれわれが学ぶべきことは何か。

【目次】
はじめに
第1章 フランスの教育ファーム
  1−1 グリーン・ツーリズムが発達した国フランス
 1−2 フランスの教育ファームとは?
 1−3 教育ファームでの授業
 1−4 教育ファームの利用状況
 1−5 教育ファームの活動効果
 1−6 教育ファームの類似形態

第2章 フランスにおける教育ファームの実態
 2−1 教育ファームの推進体制
 2−2 教育ファームに対する規制
 2−3 教育ファームの実例
 2−4 教育ファームの課題と対策
第3章 対談と総括
〜フランスのGT、教育ファームから何を学ぶか〜
 
 3−1 グリーン・ツーリズムのコンセプト
 3−2 グリーン・ツーリズム推進に関わる取組状況
 3−3 教育ファームをめぐる最近の動き
 3−4 我が国は何を、どのように学ぶべきか
 3−5 グリーン・ツーリズムについて
 3−6 教育ファームについて

第4章 参考資料
 4−1 グリーン・ツーリズム
 4−2 農業、アグリツーリズム
 4−3 教育制度、教育ファームでの学習内容
 4−4 教育ファームに対する支援と規制

【参考文献】